2007年07月24日

お泊り保育!?

なんだかんだで更新しない日が続き早3ヶ月。
6月下旬から ご飯を食べる時間も寝る時間も
ほどんどない生活を送り
ようやく落ち着き始めたトコであります。

さてさて 我が家の黒パグこえだちゃんですが・・・
先日 といっても もう1ヶ月前になりますが 入院しました。
一泊だけですけど。

というのも こえだが嘔吐したんです顔(なに〜)しかも嘔吐物がほぼ
水なんですよね・・・ 食べたモノが混じったダッシュ(走り出すさま)
いつもと違う嘔吐物に少々戸惑い 
その嘔吐物をビニール袋に入れて
近くの病院へ行きました。そして 原因をつきとめる為 
夕方までこえだを預かるとのコトでした。
病院へ行ったのが3時。
5時に迎えに来てくださいといわれました。

車で1分以内のところにある病院で 家の用事なんかしてたら
あっという間に5時。 あ!! こえだ迎えにいかな! 
なぁ〜んていきおいで病院へ行くと

Vet 『お腹の中に なにかプラスチックみたいなモノがあるんだよね〜』
え 『えっ!? どういうこと?』(ちょっと英語の聞き取りに自信がなかった汗)
Vet 『レントゲン撮ったら お腹の中にプラスチックみたいなんがあるんだよぉ〜』
え 『本当ですか!? おもちゃか何かを食べたってコトですか??』
Vet 『おもちゃか何かは分からないけど、今下剤打ったから様子見るよ。
夜9時に電話するから! それまでにはフンと一緒に出てくるよ はははははぁ〜』 
と。 えらくあっさりした感じ。
でもここはVetとこえだのフンに任せるしかありません。

9時になっても電話がかかってきませんたらーっ(汗)
アメ人のことだから まぁ10分15分は遅れて当たり前やな〜
なんて待つこと30分。
さすがに心配でこっちから電話しましたとも電話

え 『あの〜 ○○○ですけど〜 こえだの様子は・・・』
Vet 『それがフン出ないんだよ〜 明日の朝まで様子見て
無理なら 手術ね!』
え 『え!? 手術!? お腹切って出すってコト!?』
Vet 『そうそう じゃ明日の朝また電話して!
こえだは大丈夫だよ!ファンシーなベッドとお水があるから!じゃ!』
え 『今日はもう こえだに会えないですか?』
Vet 『一回ママに会ったら 置いて行かれたって思って落ち込んじゃうから』
え 『分かりました・・・もうやだ〜(悲しい顔)

それからわたくし えっこの長い夜が始まりました夜
まず 万が一手術になった場合 麻酔の危険性。
そして有料のこと
パソコンに向かって ワンコの保険探し。
散々探した結果 たとえ保険に加入したとして 明日手術になっても
明日の手術代は保障されないとのコト。
払ってやるよ 2000ドル(日本円で22万円相当)パンチ
いや やっぱ払えないがく〜(落胆した顔) 今手持ちにそんな大金ないよぉ〜
日本から送金してもらわなきゃ!!
うわ もう日本夕方5時過ぎてるぅがく〜(落胆した顔)

そんなこんなで 
もうこえだのフンにすべてを託すしかなかったんですよね〜
そしたら こえだがいないことが寂しくて寂しくて
夜がこんなに長く感じたのは初めてでした。本当に。
心配で夜中に病院の前まで行ってしまいましたよ。証拠に下

CIMG1756.JPG

そしてようやく朝になり 
電話ではなく直接病院へ向かいました!
愛するわが子(パグ)のためにexclamation×2exclamation×2

するとわが子は立派なフンをしたらしく 
手術にはなりませんでした。
でかしたぞ こえだexclamation×2 そして何を食べたexclamation&question

Vetに話しを聞こうと思ったら 
白人親子が 猫ちゃんを抱えて
『猫を轢いちゃったの! 車の下にいるの気づかなくて』と。
Vetも私への説明を早口でちゃちゃっと終わらせ
猫ちゃんの元へ行ってしまいました。

残された私、早口すぎて何を言っていたのかさっぱり・・・
なんとなくですが フンが出て レントゲン撮ったらもう
なにも映ってなかったとか。処方食を1日4回 
スプーン2杯あげてください。
私が理解できた英語はこれだけ!!
こえだ ごめん!! ママまだ英語ちゃんと聞き取れへ〜ん顔(汗)
無事家に帰ってきた こえだ いつも通り元気です。




あたち〜 病院でお泊り保育して フンして 
お土産もらってきたのぉ〜


ってな感じで 今回の診察台は265ドルですあせあせ(飛び散る汗)

こんな飼い主えっこと こえだですが
これからも よろしくお願いします顔(ペロッ)

ニックネーム えっこ at 19:35| Comment(4) | TrackBack(132) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする